Design 《スキルアップ》について

语学の学习法~其の壱~

现在、语学の学习法といえば「英语」というような感じです。

ちなみに「学习法」で検索してみるとわかります。ずらっと英语関系が并びます。

ということで、やはり「英语の学习法」に触れておくべきでしょうな。


「英语」を学ぶといっても、やはりポイントはその目的にあるでしょう。
大きな目标があれば、それを达成するために、小さな目的を积み重ねていく。

これが「学习法」の基本です。

そこで、目的别にちょっとまとめて见ますね。
语学系は大きく「闻く」、「话す」、「読む」、「书く」というのがテーマになるかと思います。もちろん、ばらばらにマスターするのでなく、 いっぺんにマスターできればそれにこしたことはないのですが…。

しかし、いままでと同じことを缲り返すならば、结果は、もうわかります。

ですので、ここからは、「细分化の法则」にしたがって、个々に対策を见てみましょう。

ちなみに、「细分化の法则」というのは、「学习法」の基本原则です。
简単に説明しますと、「わからないとき、うまくできないときはそれを细分化していけば対処方法がみつかる」というようなものです。

で、今回は、発音とリスニング编。

発音记号をみて、発音できますか?

あなたは、英语の発音记号について学校で教えてもらったことがありますか?
「この発音记号は、こう発音するんですよ」といって、教えてもらったことがあるでしょうか?

たぶん、少しくらいはありますよね。
でも、しっかりと発音できるようになるまで、先生に指导してもらった経験はないのではないでしょうか。
中学や高校のような大人数の中で、先生が一人ひとりに、発音指导なんてやっている时间はないですよね。
そんなことをやっていたら、教科书の半分も进まないうちに、一年が终わってしまうでしょうからね。
そんな教え方をされてきたので、発音记号って、単なる饰りにしか感じなくなってきてしまったのは、わたしだけでしょうか?
だから辞书を使って、単语を调べるとき、発音记号なんてまったくみなくなってしまいました。

では、英会话をマスターするために英会话教室に行って、発音をしっかり指导してもらえるでしょうか。
わたしの経験では、マンツーマンで习っていたときでも、彻底的に発音の矫正をしてもらったことはないです。
というか、英会话教室では、会话が进められることがポイントですから、先生が気を使ってあまり细かい発音を直すことはしなかったと思います。
だって、発音を一つずつ直していたら、会话にならないじゃないですか!
(わたしのレベルが低すぎるってことはおいておいてください!)

まあ、こんなことを缲り返してきて、発音をしっかりマスターすることなくきてしまったわけです。
英会话も、教室の中では何とかできるからいいしね。
でも、こんな状态で、本当にネイティブと话ができるのでしょうか?
少し不安はありました。


実际に、ネイティブと出会ったときに……。


まあ、想像できるでしょう(笑)。
そもそも、闻き取るのも难しいですから、それに対して答えるなんてとてもできないです。
闻き取れたとしても、それに答えると、また通じなんだなあ。不思议なことに。
で、ちょっとは考えました。
「何で闻き取れないんだろう?」「何で通じないんだろう?」ってね。
いろいろ调べましたよ。

そしたら、発音とリスニングは密接なつながりがあるっていうじゃありませんか!!

そんなバカな!

いままで、横においておいた、発音をもう一回やれっていうのですか?。
気にはなっていたけど、でも、知らないフリをしていた発音をですか?。

ある教材との出会い

この教材(本とCDのものと、DVDのものがある)に出合ったのは、ホント偶然でした。
わたしの友だちのお医者さんが、たまたまこんな方法があるよって绍介してくれたのです。

何で、医者が英语を勉强しているのかって?
まあ、あなたはご存知でしょうが、お医者さんもいろいろな学会に出たり、学术书を読んだり、外国の人たちと话したりする机会が多いそうなんですね。
つまり、ほとんど世界の共通语と化している英语は必须だとか…。

で、骗されたと思ってやってみろっていうわけです。
今でこそ、似たような教材は出回っているようですけど、その目医者さんが言うには、発音をしっかりマスターする教材はほとんどないということでした。

もちろん、いろいろ调べましたよ。
実际に、いろいろな教材を使ってみましたし…。

まあ、骗されたと思ってやってみたわけです。

実际にやってみるとわかりますが、口の使い方、舌の使い方が、日本语と英语で违うんですね!
日本语での英语の発音(なんのこっちゃ?)、つまりカタカナ英语とはまったく违うってことがわかります。

使っている人の感想とかプレビューなんてのを见ると、「タメになった」とか、「毎日练习してます」なんてのが多いようですけど、わたしは声を大にして言いたい!

「口は大げさすぎるくらいに、大きくはっきりと!」

见てわかったような感じになっているだけではなくて、大げさにやるくらいでちょうどいい!

ホントのところどうなの?

最初は、発音记号の一つ一つを正确に発音するということを軽视していましたが、実际に口のあけ方、舌の位置を意识し始めると、面白いことが起こります。

ネイティブも、同じよう口や舌の位置を动かしていることがわかるんですよ。

今まで见えなかったものが见えるようになるんです。

今まで感じ取れなかった、息づかいがわかるようになるんです。

结构大きな口をあけてるなあとか、rとlの违いって、结构わかりやすいなあとかね。
これは、体験してみなければわからないでしょうが…。


実は、わたしはちょっと変わった使い方をしました。
ハングル(朝鲜语ですが、この言叶の使い方で気を悪くなさる方がいれば、御免なさい。教えていただいた先生が热く语っていたので、わたしもそう使わせていただいています) を习うときに、発音をこの方式でやってみたのです。
実际のところ、言语は异なっていても発音记号はほとんど同じなわけで、多少の违いは、そこで修正すればすむわけです。
日本语の母音がa?e?i?o?uの5音に比べ、他の言语は10音以上あったりするのですが、それはあまり问题ではないです。
というのは、口をはっきりと大きく动かす、舌の位置を意识するということさえ身につけていれば、そのバリエーションの一つに过ぎないからです。

ずいぶん伟そうなことを言いましたが、それをはっきり実感したのは、ハングルの授业の中で、先生が発音された言叶がわかったからなのです。
周りの受讲生の方々は、「エッ? 全部同じに闻こえる!」といっていた言叶が、はっきりと闻き分けることができたのです。
授业の最後に、発音のテストがあったのですが、わたしは生まれて初めて(!)「発音が正确だね」と褒めていただきました。

やっぱり発音は大事です。

でもねえ……。

本当に大丈夫なの???

わたしが、この教材を使って発音を身につけるのに要した时间はどれくらいか?
これは、结构、兴味があることでしょう。
楽してマスターしたいと谁しもが思いますからね。

わたしは、3日坊主が得意なので、3日やって休み、また3日やっての缲り返しで、1ヶ月くらいは続けました。
ちょっと补足しますと、何かをマスターするときは、21日间を目安にします(これも学习法の基本原则)。
本当なら21日间休みを入れないほうが良いのですが、あまりキツイ日程を组み込むと嫌になるので、余裕を持たせて1ヶ月とするわけです。
これは、根性と努力の苦手なわたしの场合であって、あなたは、21日间継続するのはたやすいことでしょう。

ただ、难点を言えば、DVDは持ち运びが简単にできないということです。

通勤や通学の时间を有効利用したいあなたには、ちょっと残念なお知らせかもしれません。
そこで考えたのは、何か代用できるのはないか?
幸いにも、「书籍+CD」があるので、それを毎日持ち歩いて闻いていました。

基本は、応用

なんのこっちゃ?

要するに、英语だけで终わらせるなんてもったいない!

英语の他の言语もマスターしようとする方にも、発音记号の便利さを実感していただきたいです (中国语の発音にも使えそうですが、アラビア语はまだ検讨できてません)。
そして、その成果をぜひ报告していただきたいと思っています。
语学のススメ 第2弾「英语の読解はこうだ!」(たぶんもうすぐ公开)