Factory 《ライフワーク》について

まあ、よくある话しですが…

Life について ここに书いてあるものは、わたしが独立しようと考えたときに、最初につくりはじめたものです。
それから何年か経って、现在に至っても、やはりここに书いてあることは変わりません。

いわば、自分の原点のようなもの(?)

试行错误しても、やっぱり正道に戻ってくることになりますね。
たとえば,ホームページを利用して,収入を得る方法に,
「アフィリエイト」という方法があります。
要は,広告収入ですね。


そういった方法を知ったのは,
ある方のホームページをたまたま见たのがきっかけだったんです。


「谁かの真似かなあ?」と,最初は思っていたんですが(ゴメンなさい!),
ところが,いろんなページを见ているうちに,
この方の真似であることが,だんだんわかってきた。


「なるほど!
 こうやってやるんだ!」


と思ったわけです。


で,その真似をしたものがいっぱいある。
わたしも真似をします。

その本质部分をね!


まあ,考え方は,いろいろありますので,わたしが本质と思っていても,
あなたが,本质とは思わないことだって,いっぱいあるでしょう。

というか,ほとんど违うはずです!(笑)


でも,ちょっとだけ,言わせてくださいね。


ホント,ハウツーものばっかり流行ってます。

「やり方が,丁宁に书いてある。
 手取り足取り…,かゆいところに手が届く…。」

いいですよね。
「わたしも,欲しいです」とは,あまり思いません。


确かに,いいですよ。
まったく未知な分野であればね。

わたしだって,たとえばこのホームページ作るのに,
操作が全然わからなかったから,
マニュアル解説本を必死で参照してますからね…。

でも,少しずつ惯れてくると,
必要なところだけ参照するようになってきているんですね。

で,マニュアル本を卒业するときがくるでしょう(多分です)。

ある程度の方法をつかむまでは,いいんですね。
手取り足取りやってもらった方が。


でも,ある程度まで进んだら,そこから卒业しなくちゃね。


それから,もうひとつ。

これは,本当にあった话し。


わたしが,本を読んでいたんです。それを覗き込んだ人が,

 「○○さんやっと本を出したんですね!」

 「いや出してないけど」

 「だって,そこに书いてあることって,
  いつも○○さんが言っていることでしょ…。
  何にもわからないわたしにだって,それくらいわかりますよ」

 「まあ,そうだねえ」

 「ちゃんと言ってくださいよ!
  私も买いますから」

 「だから,本出してないって!」

といって,着者のところをチラッと见せると…,

 「名前変えたんですか? これがペンネーム?」

 「だから违うでしょ。この写真! かっこいい人でしょ!」

 「あれっ? じゃあ,この本って谁の?
  亲戚の人かなんかですか?」

 「だから,违うでしょ! 名前の汉字が!」

 「じゃあ,お友だちですか?」

キリがないのでやめますが,
発想をとっても重视している人がいたんです!

本质を追求している人がいたんですね!


ここで挙げた方々はその発想法を教えてくれます。
感性を刺激してくれます。

答えを求めている方には,残念ながら,参考にはならないでしょうけれど,
「本质を知りたい」,「発想法を养いたい」…,
というあなたに,お勧めします。

とは言うものの,いざ,お金を出すとなるとねえ…。

そんなときは,メルマガを読んでみるといいです。

お二人のホームページに行けば,ちゃんと,メルマガ発行してますので,
とりあえず,登録だけしてみるといいですよ。

きっと,それだけでも,
「発想のしかた」や,「本质の见つけ方」がわかるかもしれません。


あなたの感性にしたがってみてくださいね。
つぎの「(再)感性と収入の関系」をよむ→