Factory 《ライフワーク》について

プロ意识を持つって??

Life について ここに书いてあるものは、わたしが独立しようと考えたときに、最初につくりはじめたものです。
それから何年か経って、现在に至っても、やはりここに书いてあることは変わりません。

いわば、自分の原点のようなもの(?)

试行错误しても、やっぱり正道に戻ってくることになりますね。
わたしが出会った,职人さんを绍介しておきましょう。

一人目は,エアコンの调子が悪くなったときに,
修理に来ていただいた电気屋さんです。

まだデフレ不况の真っ只中の时期に,その方は,
「仕事がずっと途切れたことがない!」
と,おっしゃっていました。

べつに,料金が安いわけでもないんですよ。

「仕事の技术がしっかりしていて,迅速に対応する。」

それだけだそうです。
それだけで,仕事が途切れない!

简単に书きましたけれど,
感性が鋭いあなたには,
この奥にある,
ずっと奥にある,“何か”を感じているでしょうね。


二人目は,わたしが通っているところの理容师さんです。

床屋さんを,わたしは何轩変えてきたかわかりません。
でも,いまのお店は,ずっと通ってます。

わたしの,お店を选ぶ条件としては,
まず,雰囲気がよいところを选びます。
そして,働いている方が,どんな感じなのかを必ず确认しますね。
(ゴメンなさい。あたりまえですね)

なかなか,わたしの感性に合うところがないんだな。これが…。(笑)


カリスマ美容师って,流行りましたけれど,
そんな感じの方なんです。

高级店にいってるわけではないんですよ!
地元の(ちょっと田舎です)お店なんです。

カッコつけてるだけとかでは,もちろんありません。
どこでもいるような,おにいちゃんです。(失礼!)
でも,いるんですねえ。
プロ意识を持っている方が…。

いろいろお话をさせていただいた中で,
すご~く印象に残っている一言。

「たとえ不况で,店が溃れることになっても,全然怖くないですね!」


いまは,独立するための准备期间ということですが,
きっと,近いうちに独立するんでしょうね。


いま绍介させていただいたお二人は,
特别な仕事をやっているわけではないですよね。

でも,特别な人になっている。


何か,お金を殖やすっていうと,
特别なことをやらなければいけないような気がしますけれど,
正反対ですよね。


いまの状况の延长线上に,お金が増えていく道があるみたいです!


まず,わたしは,自分の足もとを见つめようって思いましたね。


で,自分が,いまできるものは何か?


そうやっていくうちに,ここまできてしまいました。


「お金に対する,罪悪感」やら,「お金储けは悪だ!」なんて,
関系なくなってきてしまいました。(笑)


わたし,职人が好きなんです!
←Factory《ライフワーク》 のはじめに戻る