Life 《ライフスタイル》について

赤ちゃんとの出会い!?

Life について
ここに掲载したのは、2003年(平成15年)6月にお话を伺い掲载してあったものに一部手を加え、
転载しました。

setukoさんとの対话形式となっています。

――こんにちは。
「こんにちは。」

――このたびは,无事女の子をご出産されたそうで,おめでとうございます。
「ありがとうございます。」

――お名前は,本人に决めさせたということなのですが?
「そうなんです。いろいろと名前の候补を挙げていって,
 お腹にいる本人が,反応した名前にしたんです。」

――えっ,お腹にいるときに决めていたんですか?
「そうなんです。」

――やることが大胆だなあ。(笑)
「そうですか。(笑)」

――ところで,高齢出産で,しかも初産ということで,何か不安というものはなかったですか?
「やはり不安はありましたね。この子のからだのこともそうですし,
 わたしのからだのことも心配でした。」 「でも,案ずるより産むが易しって,本当ですね。
 特に问题はなく安心しました。」

――お子さんは,とてもお母さん思いとお闻きしましたが…。
「そうなんです。」
「泣くときは,お腹がすいたときか,おしめの交换のときくらいなんです。」
「そのほかのときは,ぐっすり眠っていてくれますし,
 起きだしたときは,おじいちゃんとおばあちゃんのアイドルになってます。(笑)」
「それに,お风吕にとっても気持ちよさそうに入ってくれます。」

――お风吕って,嫌がる子どもさんもいるんではないでしょうか?
「中にはそういったお子さんもいるかもしれませんが,
 この子は,お风吕大好きですよ。」

――それって,何か秘诀でもあるんでしょうか?
「秘诀っていうほどのことでもないですよ。(笑)」

――お风吕におもちゃを置いてあるとか…。
「まだ生まれたばっかりだから,おもちゃってよくわからないでしょう。(笑)」

――そうですねえ(笑)。ということは,もっと本质的なことですね。
「多分,そうだと思いますね。」

次の「人间の本质??」をよむ→

素敌なサイトをご绍介します

Life について 近顷よく聴く言叶。

 「自分へのご褒美」

がんばっている自分に対する、いたわりと感谢の気持ちなんて、当たり前のはずなのにね。
当たり前のことが、当たり前でなくなるのがいまの时代なの?

 ?「じゃらん」で温泉を予约!

时代のせいにしてないで、リラックスに出かけるか。
お风吕好きは、赤ちゃんだけじゃないぞ。