Life 《ライフスタイル》について

人间の本质??

Life について
ここに掲载したのは、2003年(平成15年)6月にお话を伺い掲载してあったものに一部手を加え、
転载しました。

setukoさんとの対话形式となっています。

――人间の本质的なことに関系するというと…。
「おそらく,お水でしょう。」
「お水には気を使っていますから。」

――なるほど。それは,とっても大事なことですよね。
「水道水は,安全だとはいっても,やっぱり,生まれたての子にはちょっとねえ。」
「消毒に,塩素を使っているともいいますしね。」

――では,ミネラルウォーターを使っているとかですか?
「それは,さすがに大変でしょう。」
「お风吕いっぱいにミネラルウォーターを入れられませんから。(笑)」

――そりゃそうですね。ということは,浄水器を使っているということですか?
  でも,浄水器から,お风吕いっぱいの水をためるのも大変でしょうね。
「その必要はないんです。」
「わたしの使っているのは,生水器といって,
 普通の水道水に混ぜると,水全体が,生きてくるんです。」

――水が生きる? 活性化するってことですね。そういえば闻いたことがありますね。
  エネルギーは伝播するって。
「そこまで,大げさなことではないですよ。」
「水の分子が细かくなるらしいんですね。それが,全体に伝わっていくらしいんです。」
「洗面器で数杯分の水を入れるだけで,ずいぶんと违ってくるのがわかりますね。」
「水が,やわらかくなる感じがします。」

――そういった点は,女性は敏感ですからね。
「男性の方も,明らかに违うって,わかりますよ。(笑)」

――もちろん浄水器の机能はあるわけですね。
  さらに,水を生き还らせると…。
「そういうことです。」

――先ほど,饮ませていただきましたが,何か懐かしい感じがしたんですねえ。
  井戸水みたいな感じなんです。
「そういう方は多いですねえ。」
「この水で料理すると,食材本来の味が引き出されておいしくなりますしね。」

――ところで,水が大事っていうのは,ずっと言われ続けてますよね。
  でも,中には,
  「水道水を使っていても,何にも问题は起きていない」
  という方もいますよね。
「何も起きていないっていうのは,どうでしょうかねえ。」
「これだけ,わけのわからない病気が増えだしているし…。」
「子どもたちも,昔よりなんだか,健康的でないような気もしますしね。」

――确かに,ちょっと昔に比べると,不健康になっている気がしますね。
「水だけが问题ではないでしょうけれどね。」

――「生物のからだが,ほとんど水分からなる」ってことを忘れてました。
「その水が,いい水だと,なんとなく嬉しくなりますよね。」

――そうですね。それこそ,本质的なことですね。
「できることなら,いい水を使うようにしてほしいですね。」
「すくなくとも,口に入れる水は,良いものを使うようにしたいですね。」

「思い出しましたけれど『水は答えを知っている』という本があるのはご存知ですか?」
――いえ。残念ながら,知りませんが…。

「水の结晶の写真が载っているんですね。良い水と,そうでない水の结晶が…。」
―-だいたい想像ができますね。

「水に,良い言叶と,そうでない言叶を闻かせて结晶を作ったときとの比较もあるんです。」
――良い言叶っていうと?

「『ありがとう』とか『爱』とか『平和』なんかです。」
――そうすると,形の良い结晶ができるってことですか。

「そうなんですよ。绮丽な风景を见せたときも同じように,结晶に违いが出るんです。」
――兴味深いですねえ。

「まさに,水は生きているって感じですね。」
――绮丽なものを感じるという点は,水でも人でも同じということですね。
  地球は,水の惑星って言いますから,なんらかのつながりはあるんでしょうかねえ?
「そうだと思いますよ。」
次の「若さの秘诀??」をよむ→

素敌な本を绍介します


绍介されて、わたしもひと通り読みました。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今回は『水からの伝言』を挙げておきます。
(シリーズとしてたくさん出版されています)

ただ、人によっては、「文章がどうも…」という方もおられるようなので、写真集を。
(何を隠そう、わたしのことですが)
确かに、言叶の力は强いことはわかります。実体験もあります。
それを、なんか押し付けがましくいわれると引いてしまうというか…。

事実として、ただ结果だけを示してくれるだけで、十分説得力はある。
そこに、あまり饰りつけた言叶は必要ないのでは?

まあ、こうやって书いているわたし自身、言叶が多すぎますね。

とにかく一度、手にとってみてください。